TEACCHプログラム研究会宮崎支部準備会

●TEACCHプログラム研究会とは?

TEACCHプログラム研究会は、「研究会の仲間で相互に研修し合う会」です。2013 年7月現在、全国で北は北海道から南は熊本まで、15 の支部から 成り立っています。研究会としての方向性・一貫性を保つために本部を置き、 会全体としての事業の企画・運営に当たっています。本部主催の活動としては、 隔年で行うコラボレーションセミナー(アメリカTEACCH 部より講師を招き講演会および実践報告会を実施)と 1~2 月に行う実践研究大会、またトレーニング・ セミナー、機関誌「ぷらう」の発行がその主なもので、また支部ごとに支部例会、 講演会、セミナー等、支部独自の活動が活発に展開されています。(引用:TEACCHプログラム研究会ホームページ)

詳細、入会に関しては、TEACCHプログラム研究会のホームページをご覧ください。
http://www.teacchken.com/index.html

●宮崎支部準備会に関して

宮崎県内でも、TEACCHの構造化された指導について実践されている仲間が広がっています。そこで、TEACCHの考え方等を深める勉強会を立ち上げ、将来はTEACCHプログラム研究会の宮崎支部としての活動を目指しために、2019年4月より準備会を立ち上げます。

主な活動は、TEACCHの考え方を中心とする実践に活用できる勉強会を数回実施する予定です。

【計画中の内容】
・自閉症の特性と事業所・教室での環境設定
・事業所・学校間の協働と移行支援※県外から講師を計画しています。
・実践発表
・保護者との協働

お問い合わせはこちらから
※勉強会の参加は、TEACCHプログラム研究会の趣旨に賛同していただき、現在他の支部に入会されている方、または将来入会を希望する方になります。

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号(必須)

お問い合わせ項目(必須)

このサイトをどこでお知りになりましたか?(必須)

メッセージ本文

●お知らせは、以下の記事をご覧ください。